自身の苦手と周囲の得意への正しい理解は、リスペクトの醸成と”チーム”によるより大きな問題解決を生み出す根源になると考えています。