物事の負の側面・現実を真正面から捉え、「”その上で”、どうすれば解決するか」を思考し、実行します。
私たちは、ネガティブな事実にも目をつむらずに向き合います。